Mickey
出来ると思ってっも 出来ないと思っても いずれも正しい
foreign-exchange

ダウ理論について…最強理論‼

投資に興味がある皆さんなら一度は聞いたことが思います。

ダウ理論は、テクニカル分析の中でも特に株式市場の分析に用いられるアプローチです。

この理論は、チャールズ・ヘンリー・ダウ(Charles Henry Dow)によって提唱され、19世紀末から20世紀初頭にかけて発展しました。ダウ理論は、市場のトレンドや相場の方向性を予測するための基本的な原則です。

この理論が大切。

世界の人々がこのダウ理論をもとにトレードをしています。

知っていて損は無いと思います。

ダウ理論はこの6つの基本原則から成り立っています。

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主要トレンドは市場の動向によって3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する

ここからは個人的な解釈が入りますので参考程度に解釈してください。

平均はすべての事象を織り込む

政治的な要因や自然災害により株価に大きく影響します。

平均指数は平均されたデータのため様々な要因が考慮された平均値になっていると思われます。この平均値の状況を利用して今後の株価の動きを推測します。

ダウ理論で上昇トレンドと下降トレンドを確認するにはどうすればいいのか。

ダウ平均株価指数とダウ輸送株価指数の動きを比較します。

上記の両指数が同じ方向に動く場合、市場はトレンドを継続している状態と判断する。

逆に、両指数が逆方向に動く場合、市場のトレンド転換の可能性が高いと判断する。

私はFXのトレードが中心ですので日経平均と通貨や違う通貨の比較で判断しています。

トレンドには3種類ある

  1. 上昇トレンド(アップトレンド): 価格が持続的に上昇する状態
  2. 下降トレンド(ダウントレンド): 価格が持続的に下落する状態
  3. 横ばいトレンド(トレンドれす): 価格がある範囲内で上下に動く状態

この他にも

短期トレンド、中期トレンド長期トレンドがあります。

トレードのスタイルも色々です。自分の性格に合わせて選ぶのがコツ❕

  • スキャルピング:数分から数時間でトレードを終了する
  • ディトレード:数時間から1日で終了する翌日に持ち越ししない。
  • スイングトレード:数日から数か月まで
  • 長期トレード:数か月から

主要トレンドは市場の動向によって3段階からなる

  • 先行期:トレンド初期 トレンド終盤からの初動 機関投資家やプロの投資家が参加
  • 追随期:トレンド中期 最も安定した時期 一般投資家が参加
  • 利食期:トレンド後期 トレンド終盤でトレンド転換の時期 決済するタイミング

平均は相互に確認されなければならない

平均はすべての事象を織り込む

この内容と同じ

トレンドは出来高でも確認されなければならない

株価の上昇に伴い出来高も上昇しているのかを見ています

FXの場合この項目は確認が難しいですね。私はこの項目は無視。

トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する

”個人的に最も重要だと考えています”

明確なトレンドシグナルが発生するまでトレンドは継続する

今使用しているMT4の画像を使って説明します。

下降トレンドが継続して高値と安値を更新しています。

最安値と戻り高値を確認します。

この戻り高値が更新された事でトレンド転換が発生します。 つまり目線が変わります。

下降トレンドの時は”売り”を行いますがこの明確なシグナルにより”買い”にそろそろ変わりそうだと判断します。当然だましの可能性もありますがいったん買いは控えたい場所です。

図で書かれたものは判断しやすいのですが実際のチャートではとても難しいです。

なぜ難しいかと言うと時間軸を考慮していないからです。

この概念はマルチタイム分析の考え方が必要になります。長くなりますので別の機会に説明したいと思いますので少々お待ちください。

次に上昇トレンドを例に説明します。

最安値を付けた起点となるところが戻り高値です。

最高値を付けた起点となるところが戻り安値です。

先ほどと同じで上昇トレンドが発生している状態で高値と安値を更新しています。

最高値を付けた戻り安値を下に更新してした抜けすると目線が転換されダウントレンドになります。こちらもチャート上見つけるのが難しいです。

何事も継続してやり続けることが大切ですね。

ありがとうございました。